イラストレーターになりたい方へ!イラストレーターになる為の方法公開中*独立支援&実録営業講座

イラストレーターになるには?

こんにちは。
イラストレーター育成・営業アドバイザー八木葵です。
こちらのページでは、イラストレーターになるために必要なことや、営業法などのノウハウをご紹介してまいります。 2010年からブログにて公開していた内容を加筆修正しつつ記載しております。

▼こちらのページのカテゴリは、下記リンクからご覧ください。
1.フリーで仕事をするための準備/まずはフローを決める
2.フリーで仕事をするための準備/納期の決め方
3.デザイン事務所(または企業様)に持込をするとき

【1.フリーで仕事をするための準備/まずはフローを決める】
フリーで仕事をするための準備です。価格設定も必要ですが、受注の際のフローも決めておきましょう。

お仕事承ります。連絡はメールまで・・・と表記してあっても、実際の問い合わせが入った場合どんな流れで、
1.どんな打ち合わせをし、
2.いつ入金確認をするか、
3.どのように納品するか

ということをお客様に伝えなければなりません。

◆受注のフローは明確にしておきましょう。

既に活躍中の方でも、制作の流れが記載されていない方が多いように感じます。
必ずしも記載しなければならないわけではありませんが、記載してあればお客様に親切です。

作業には個人差がありますが、一般的な流れを記載しておきます。
(入金のタイミングは以下の流れの間で行われますので、下書きまでは無料か、
下書きも含めて価格とするかを各々で確定してください。)

(1)ご希望の内容、予算があれば伺う。見積もりの金額を出す。
※注文確定であればここで入金をして頂く方もいます。
(2)ラフ(イメージした下書き)を描き、お客様に確認、打ち合わせ。
※注文確定であればここで入金をして頂く方もいます。
(3)着色前の下書きで一度確認して頂く。
※注文確定であればここで入金をして頂く方もいます。
(4)着色し、納品。色合いなど修正範囲内であれば修正し、完了

また、その作品が何にしようされるかの用途は伺い、
キャラクターなど、別途商品化等されるのであれば契約書を作成しましょう。
(3)と(4)で着色前まで仕上げた場合にキャンセルが入った場合は、
キャンセル料を設定しているクリエイターさんもいらっしゃいます。

期限を守る、お客様の希望を形にし、信用を得ることが次の仕事に繋がります。


▲ページの上部に戻る

【2.フリーで仕事をするための準備/納期の決め方】
イラストの納期の決める時の注意点です。
イラストの受注の際、お客様に納期確認をしますが、「最短でどのくらいで可能ですか?」と質問を頂いた場合、
真っ先に浮かぶのは作業時間だと思います。


「1点3時間で描ける・・・・はい、明日にでも大丈夫です」
という回答になりがちではないでしょうか。

作業には打ち合わせ時間も、修正時間も含まれます。

個人の作業速度によって代わってきますが、1枚あたりどのくらい掛かるかの目安を考え、
無理の無いようにお客様と相談しましょう。

早く納品することは大事ですが、オーダーであれば、見積もりや打ち合わせ、
入金確認、下書き、修正、着色・・・と描きあがるまでの工程が発生します。

絵を描くのは1日でできるからといって、明日には出来ますと、打ち合わせ時間や、
提案期間を考えずに設定するのは無茶というもの。

出来ると思っていた案件も、他の案件と重なってしまい、期限内に提出できないなんてことになりかねません。

お客様の要望に応えることは勿論のこと、クオリティを下げない為にも、しっかりと納期を考えましょう。


▲ページの上部に戻る

【3.デザイン事務所(または企業様)に持込をするとき】
売り込みのひとつに「持ち込み」があります。
フリーランスの場合は、作品集(ポートフォリオ)を持ち込み、アピールする。

そうは言っても、持ち込みとは?
個人営業だと思うと、不安になります。
しかし、バイトや就職の面接に置き換えて考えてみましょう。

【就職・バイトの場合】
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....
この企業様が気になる。ここで働きたい。
     ↓
応募要項を確認する。
     ↓
電話で問い合わせ、と書いてあるので、電話をしてみたところ、
履歴書を送ってくださいとお返事を頂いた。
     ↓
@その場合は、履歴書と、職務経歴書、
送り状を添えて送付し、返信待ち。
Aまたは、電話してみたところ、履歴書を持って面接に来てくださいと
お返事を頂いた。履歴書を持って自分アピールにいざ現地へ!
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

・・・・と、なります。

但し、昨今は就職の場合は求人募集している企業様で、
WEB応募対応が多いですから、アルバイトの情報誌を読んで問い合わせ
・・・とういう方がイメージしやすいかもしれません。


いずれにしろ、イラストの持ち込みも同じと考えて大丈夫です。

【持ち込みの場合】
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....
この企業様が気になる。ここでお仕事を頂きたい。
     ↓
応募要項を確認する。
特に記載がない場合は、まずは、電話してみよう。
     ↓
電話をしてみたところ、ポートフォリオを送ってくださいとお返事を頂いた。
     ↓
@その場合は、ポートフォリオ、名刺、送り状を添えて送付し、返信待ち。
Aまたは、電話してみたところ、ポートフォリオを持って伺ってもいいとお返事を頂いた。
アピールできる作品たちと名刺を持って自分アピールにいざ現地へ!
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

・・・・と、なります。

電話するタイミングですが、あまり朝早い、夜遅いのはNGです。
企業様の営業時間内で行いましょう。

ビジネスマナーを持って対応して下さい。


イラストレータになるには 個人講座のご案内


お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから




▲ページの上部に戻る